【東京都・上京】ペット飼育可能な敷金・礼金無しの格安物件アパート・シェアハウス・ゲストハウスをルームシェアしたい!そして東京で仕事(就職・転職)したい!そんなあなたと同じ境遇にある私のまとめた情報です。

2010年04月30日

ルームシェアした大家さんやルームメイトとの裁判・訟訴のやり方や意義など

ルームシェアしようと思って、いざ初めて見たら大家さんやルームメイトの話が違う。そんなことは実際に私の身にも起きました。こう言う場合は、訴えたりして金銭的な面で取り返す等、方法があるのかもしれません。調べてみたいと思いました。

普通という言葉が何を指すのか分かりませんが、普通の人は裁判に慣れていないのでしょうか。そもそも人生の中で誰かを訴える人が何%いるのかと考えると日本では1割に満たないように想像してしまいます。

内容証明郵便や簡易裁判・少額訴訟(少額裁判)など、聞いたことだけギリギリあるようなことを実際に今自分がやるかもしれないという状況にあれば、誰だって多少混乱しそうですね。まだ私もよく分かっていませんが、勉強していきます。

敷金や礼金などの件では、少額裁判の結果、返還の事例が多くなってきているようです。少額裁判は原則として1日で終わり、費用も数千円〜数万円だそうです。

ただ、出来るだけ話が通じるのであれば話し合いで解決したいのは当然ですよね。話が全然通じない場合はお互いまたは片方が感情的になって喧嘩のようになっているだけで話が進まないことがありそうです。

http://d.hatena.ne.jp/Lhankor_Mhy/20090908/1252407115

posted by 東京のペット可(犬や猫)のルームシェアできるシェアハウス・ゲストハウス at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯/注意/トラブル/裁判/訟訴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148328143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。