【東京都・上京】ペット飼育可能な敷金・礼金無しの格安物件アパート・シェアハウス・ゲストハウスをルームシェアしたい!そして東京で仕事(就職・転職)したい!そんなあなたと同じ境遇にある私のまとめた情報です。

2010年04月15日

ルームシェアでのお金のトラブル”水掛け論と領収書”

ルームシェアでのお金のトラブルに気をつけましょう。特にありがちなことの一つが、”払った!払ってない!”の水掛け論です。そんなもの忘れてしまったら大変です。もうこれではらちがあかないのは、大人になったあなたなら薄々でも気づくはずです。

そこで重要かと思われるのが、払った時に領収書を書いてもらうことです。たとえ様式にそった紙がなくても(あった方が良いとは思います)、

*領収書を書いた日にち
*何年何月分の家賃いくらを払ったか
*お金を受け取った人の名前と住所と電話番号
*誰に払ったか(例:田中よしこ様のように)
*捺印か拇印(つまりハンコか指です)

とにかく書いてもらうべきです。こういうものは、支払った側がお願いしたら書くのが義務だったような気がします。年間20万か30万か忘れましたが、これを超える収入があれば確定申告して収入がある人は税金を納めなくてはならないと義務づけられていますから、領収書を嫌がる人は税金のがれをしていると私なら考えます。そしてしかるべき対応を考えます。

posted by 東京のペット可(犬や猫)のルームシェアできるシェアハウス・ゲストハウス at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯/注意/トラブル/裁判/訟訴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146622224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。